便利だからこそ利用方法には気を付けよう

急にお金が必要になったとき等に借入はとても便利です。

自己資金以上の事ができるので、何か事業を立ち上げる時等にも役立ちます。

ただ、お金が足りないから借りると一言で言っても、実はおすすめできる借り方とそうではない事があります。

なるべく正しく、自分の生活を豊かにする為に行いましょう。

まず知っておくべきことは、低金利の所を選ぶという事です。

高金利の所で借りると、なかなか完済できません。

また完済できたとしても返済総額がかなり高額になってしまう事があるので注意しましょう。

もう一つは借入した方が良い時と、そうではない時があるという事です。

借り入れた方が良いのは、返済できるのが分かっている場合です。

給料日前の出費、何か大きな物を買う時、旅行費用、目的はなんでもOKですが、それを返せるかどうかは良く考えましょう。

多分返せるかもしれない、という時に借りるのは危険です。

そう考えてみると、赤字を補う為にお金を借りる事は少し考えなければいけません。

既に赤字という事は、自分自身のお金が足りない状態です。

それによってより自分を苦しめてしまう事があるので、まずは支出を減らして赤字にならない努力をしてみましょう。

ただ借入自体は決して悪い事ではありません。

利用者の意識によって、良い物にも、そうではない物にもなり得るという事を知っておきましょう。

そして、自分自身はどうすべきなのかを正しく利用した上で自分の生活を潤してみてはいかがでしょうか。

手軽に借入できるサービスについて

担保や保証人なしで手軽に現金を借入する方法として、銀行や消費者金融の行うカードローンやキャッシングのサービスがあります。

かつて、カードローンは分割払いやリボ払い、キャッシングは一括返済という解釈をされていましたが、現在はほとんど同じものとして扱われているので、言葉の意味をあまり気にする必要はないでしょう。

ただ、消費者金融がカードローンとキャッシング、どちらの言葉も使っているのに対し、銀行ではほとんどがカードローンという言葉のみを使っています。

これは銀行が消費者金融との違いを示すための戦略です。

当然お金を借りる仕組みは同じものと考えるべきでしょう。

また、信販会社が扱うクレジットカードにもキャッシング枠というものがあります。

これは消費者金融のキャッシング専用カードとは違い、ショッピングがメインのカードで、そこにキャッシング枠が別に付いているものです。

基本的な仕組みは消費者金融のキャッシングと同じですが、金利が少し高くなったり、借入限度額が低めに設定されるなど、あくまでもサポート的な役割のサービスになります。

また、近年になって大手消費者金融業者の多くが銀行に吸収されましたが、これは銀行のバックアップを受けているだけで、貸し出し元は銀行ではありません。

よってサービスは貸金業法の範囲内となるので、総量規制の適用内となります。

年収の3分の1以上の貸し出しができなかったり、金利が高めに設定されることは知っておくべきでしょう。

関連サイト

  • 即日のキャッシング・・・人気の即日キャッシングが可能な会社をランキング比較しました。
  • 多目的のローン・・・それぞれの目的に応じて、自分に合ったカードローンを賢く選びましょう。